夏ちゃんこでブラリ②相撲茶屋 盛風力の「カレーちゃんこ」

夏ちゃんこ第2弾は、3月の「おすもうブラリ」でご紹介した人形町の「盛風力」さん。元十両力士・盛風力関(押尾川部屋)が引退後に開いたお店です。定番の塩ちゃんこもおすすめですが、6~9月限定のカレーちゃんことトマトちゃんこもやみつきなおいしさです。とりわけカレーちゃんこはリピーターも多いとか。

コクの素はみそベースとキムチの素!

カレースープのベースはみそ味ちゃんこに使用しているみそスープ。そこにコクだしのキムチの素、カレー粉、こしょう、にんにくが入ります。キムチ自体は入れずにタレのみを入れるので、辛みはほどほどで、うまみと甘みが染み出て隠し味となっています。さらにみそとカレーの相性も絶妙。

そもそも、キムチを入れるきっかけはお客さんの一言。定番のキムチ味ちゃんこを食べていたお客さんが「ここにカレー入れたらおいしいんじゃない?」と。そこで、逆にカレーにキムチの素を入れてみたら大正解だったとか。

具材は、鶏肉、豚肉、つくね、ソーセージ、豆腐、きのこ、ごぼう、白菜、こんにゃく、にら、大根、人参、油揚げ…ともりだくさん。煮ているとスパイスの香りがたってきて食欲をそそります。こしょうもきいていて、パンチがあるのに後味さっぱり、ビールがすすむ夏味ちゃんこに仕上がっています。

〆は雑炊セットとチーズをチョイスしてリゾット風に食べるのがおすすめ。長崎から取り寄せるもちもちちゃんぽん麺ならスープスパゲティ風にいただけます。

カレーちゃんこは1人前~2500円(税抜き)

もうひとつの夏限定ちゃんこ、トマトちゃんこは塩をベースにフレッシュトマトを入れてさっぱりと。具材はカレーちゃんことほぼ同じですが、白菜をキャベツに、ごぼうを水菜に変えて、トマトとの相性のよい味わいに。こちらも〆はチーズを加えてリゾット風にしたり、ちゃんぽん麺でスープパスタ風がおすすめ。一人前~2500円(税抜き)

(上)店内は小上がりとテーブル席、カウンター席が。
(右)奥の壁には堂々たる化粧まわしが飾られている。

相撲茶屋 盛風力

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1−15−1

新生ビル1F
☎03-3808-1134
営業時間:平日17〜23時 土曜17〜22時
日祝休

親方は、元十両・盛風力の佐藤秀彦さん。中学卒業と同時に押尾川部屋に入門、1991年3月場所で十両に昇進。
1998年3月場所を最後に現役を退くと、同期生だった元幕内・玉海力さんのお店「どすこい酒場 玉海力」で修業を積み、独立。
2000年に「相撲茶屋 盛風力」をオープンしました。
以来、お店は大盛況! 平日でも満席のことがありますので、訪問の際は電話でご予約を♪

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。