若隆景関 はじめての巡業in青山学院場所

今年(平成30年)の夏巡業が巡業初参加となった荒汐部屋の若隆景関に、青山学院場所にて直撃一問一答を敢行。九月場所が終わるまでの限定動画としてお届けしていましたが、改めてテキスト版でご紹介いたします! 若隆景関をキャッチしたのは、取組を終えたばかりの花道奥。体にはまだ汗がキラリ! 取組後の臨場感たっぷりの写真もご堪能ください。

Q巡業で楽しいことはなんですか?
楽しいことですか!? 楽しいことは……まだ見つけられてないです。

Q巡業で辛いことはありますか?
バス移動が、、、移動時間が長いんで辛いです。

Q巡業で驚いたことは?
驚いたことはないです!

Q印象に残っている巡業地は?
長野の下諏訪ですね。勧進元が、荒汐部屋の後援会長さんで、民泊にも泊まったりしてとても印象に残っています。

Q民泊はどんなおうちに泊まられたんですか?
長野のお菓子屋さんに。甘いものがおいしくて(ニッコリ)。

Q巡業先でおいしかったものは?
何だろう……。仙台で牛タンを食べるのが楽しみです(ニコ)。

 

Qこれまでの巡業で一番の思い出は?
やっぱり下諏訪の巡業が一番の思い出です。

Q巡業中は誰と一緒にいることが多いですか?
付け人と一緒にいることが多いです。はい。

Q巡業の必需品は?
小っちゃい手持ちの扇風機をみんな持ってます。

Q効きます?
それはもう、あるとないでは大違いです。

Q初めての土俵入りのときの心境は?
緊張しました。それだけです(笑)。

Q何日目くらいから慣れましたか?
土俵入りは、二日目からは意識せずにできたんですが、全体的に慣れてきたのは中日すぎたくらいですかね。

Q取組は?
一緒ぐらいですね。

Q(大学の先輩)御嶽海関とはお話されましたか?
はい。話しました。

Q場所中に?
場所中も話しましたし、場所終わったあとも、はい。

Q大学の先輩が優勝されてどうでしたか?
うれしいですね(ニッコリ)。

Q2年先輩ですか?
そうですね。可愛がってもらいました(笑)。

Qどんな先輩でしたか?
きさくな先輩です。

 

Q他の部屋の力士からなんと呼ばれているんですか?
苗字だったり下の名前だったり、いろいろですね。

花道奥を通りかかった大翔鵬関が「アツシ!」と一言。

(笑)“アツシ”だそうです!

若隆景 渥(わかたかかげ・あつし)
福島県福島市出身、荒汐部屋所属。同じく荒汐部屋の力士で兄である若隆元、若元春とともに大波三兄弟として角界注目の力士。祖父は元小結・若葉山、父は立田川部屋の元力士・若信夫(わかしのぶ)と、相撲一家に育ち、学法福島高校~東洋大学を経て、平成29年三月場所で三段目100枚目格付出として初土俵を踏む。平成30年五月場所で十両に昇格、その後3場所連続勝ち越し中(平成30年10月現在)。

photo:Takayuki KAMBARA

 

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。