清澄白河でブラリ~その②

尾車部屋、大嶽部屋、錣山部屋、高田川部屋がある清澄白河をブラリ。後半は、前半で訪れた「深川江戸資料館」の続き。そのまま資料館を出て左へ、そしてすぐ右へ、しばらく行くとお寺や墓地がたくさん。円珠院というお寺の手前を右へ、その右手にある墓地に第6代横綱・阿武松緑之助のお墓があります。相撲ファンならぜひお参りを! 

落語「阿武松」では、緑之助はあまりにも大食いで部屋を追い出され、自害しようと決意するも、最後の晩餐で入った飯屋の主人に食いっぷりを見込まれ、錣山部屋に入門するというお話ですが、実際の緑之助は稲妻雷五郎とともに江戸の相撲人気を盛り上げた人気力士。玉泉院墓地の入り口を入ってすぐ右に行った突き当りです。

ちなみに、ここからちょっと南へ行けば、清澄白河をお洒落タウンにした「ブルーボトルコーヒー」があります。

さて、それでは来た道を戻って、ふたたび深川江戸資料館通り商店街へ。ここでちょっと一服。

BEE FRIENDSHP 完熟屋

愛媛にある養蜂場直営のはちみつ屋さん。混ぜ物や栄養価が壊れるような加熱処理をしない、本物のはちみつにこだわっています。

愛媛特産といえば、みかんですが、みかんの花が咲く時期に柑橘農園で収穫された「みかんの花のはちみつ」や、貴重な「日本ミツバチのはちみつ」、「夏の伽藍山のはちみつ」など、ここならではのはちみつがズラリ。いろいろ試食させてもらえて楽しいです。店内では、ドリンクやスイーツがいただけ、テイクアウトもOK。

この日の本日のはちみつ漬けドリンクは「カモミール香るアップルジンジャーの炭酸割り」(ホットもあり)450円(右)。そしておすすめのスムージーは、黄色「疲労回復・美肌に役立つ食材」500円(左)。はちみつにマンゴー、パイナップル、オレンジ、蜂花粉が入ってます。マンゴーがきいてておいしい。土日祝日限定でクレープもあります。

BEE FRIENDSHIP 完熟屋
江東区白河2-2-1
03-5875-9315
10:00~19:00
月曜休み

一服したら、最後はお土産を買って帰りましょう。同じ深川江戸資料館通り商店街にある庄之助へ。

庄之助

現店主は二十二代木村庄之助の息子さん。軍配をかたどった銘菓「庄之助最中」で有名な和菓子屋さんです。本店は神田須田町ですが、約30年前にこの深川の地に工房を構え、今もお店奥の工房でできたてのお菓子を提供しています。

庄之助最中のほか、徳俵をかたどった白あんのお菓子「徳俵」や、化粧回し、軍配、おすもうさんの顔をかたどったあられ「両国(相撲ミックス)」も相撲ファンにはおすすめ。お店の横のショーケースには二十二代庄之助親方ゆかりの展示が。ご本人直筆の字が書かれ、実際に土俵で使っていたという軍配や、叙勲と白寿のお祝いの会での写真など、貴重な品が見られます。

庄之助最中は大納言小豆がとても上品なお味です。

徳俵は白あんに刻んだあんずが入ってます。

両国(相撲ミックス)は、ごま、みそ、エビ、抹茶などいろんな味がおすもうさんの顔、軍配、手形など相撲フォルムのあられで楽しめます。

叙勲と白寿のお祝い会。写真右から千代の富士(先代九重親方)、北勝海(八角親方)、大乃国(芝田山親方)の3横綱! 若い!

二十二代庄之助親方手書きの軍配

22代木村庄之助さんの装束姿

庄之助
江東区白河3-3-19
03-3820-5076
9:30~18:30(土曜は~18:00)
日曜祝日休み

さてさて、このあたりで、清澄白河ブラリも打ち出しに。見どころ満載のこのエリアはまだまだご紹介しきれないスポットが満載。深川の材木商、紀伊国屋文左衛門の墓や、『南総里見八犬伝』でおなじみの江戸の読み本作家・滝沢馬琴生誕の地の碑などのほか、おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、レストランもいっぱい。ぜひみなさんのオリジナルブラリをお楽しみください~。

滝沢馬琴生誕の地の碑。

滝沢馬琴生誕の碑には和本のオブジェが。

紀伊国屋文左衛門の墓には、ちょうど夏みかんがなってました。

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。