おすもうさん的“干支引き継ぎ式”~亥年☆白鷹山が2019に挑む!-その②

おすもうさん的“干支引き継ぎ式”完結編の今回は、白鷹山関に2019年の目標についてお伺いしました。また、新春早々の稽古の模様もお届けします!

亥年ということで、いのししのぬいぐるみと一緒にパチリ。このいのししのぬいぐるみ(サイン入り)は読者プレゼントさせていただきます。詳細は「おすもうさん的“干支引き継ぎ式”~亥年編―その1」をごらんください)

―年始には目標をたてたりされますか?
白鷹山:はい。去年は「飛躍」でした。

―それじゃ、ある程度は達成されましたね!
白鷹山:本当はもっともっと飛躍したかったってのはありますが、ある程度は、ですね。
明確な目標を立てるの好きじゃなくて、ふわっとした目標だと、達成したって言えるじゃないですか(笑)。これが幕内とかだったら、達成できなかったけど。飛躍だったら、なんとなく飛躍したんじゃないかなーってポジティブに考えられる。

―なるほど!とらえ方で。では今年の目標は?
白鷹山:ちゃんこ場に貼ってある色紙にも書いたんですが「猛進」ということで。

―いのしし年にひっかけて?
白鷹山:はい(笑)。

―では、幕の内側へ猛進!
白鷹山:「猛進」は猛り進むということなので、番付が下がることなく、今年一年ずっとずっと勝ち越して前に進んで行けたらいいなということで、猛進としました。

いのししのイラストもかわいい!

―年男っていうのは本厄でもありますが、厄払いとか行かれましたか?
白鷹山:ぜんぜん考えてないですね。僕、去年、細木数子さんの占いによると大殺界だったんです。大殺界で前厄でもいい年だったんで、本厄でもなんとかなるだろうって思ってます。

―ポジティブ~。
白鷹山:大殺界で前厄だから網膜剥離になったのかもしれないけど、失明もしなかったし、ポジティブに。本厄ってのは結局年男だからって調子になるなよって意味だと思うので、調子に乗らずに頭をたれてやっていきたいと思います。

―前の年男というと12歳、小学6年生のときですが、12年後の今の自分を想像できましたか?
白鷹山:まったくできませんでしたね。僕、夢は警察官だったんで。

―え~~~~。
白鷹山:「こち亀」の両さんみたいな警察官になりたいって思ってたんですが、中1か中2くらいで気づいたんです。あんなパンパン拳銃発砲してる警察官いるわけないって。これフィクションだったってね(笑)。じゃ、おすもうさんになろうかなって……。実際にそう思うまではいろいろありましたが、話すと長いんで。

―ではその話は改めて。12年後のいのしし年はどうなっているでしょうか?
白鷹山:とりあえず健康でいればいいです。最悪力士でなくても健康でいれれば。目標はボケずに100歳超えることなんです。

―でも、今36歳でも現役の方いっぱいいらっしゃるんで。
白鷹山:そうですね、できれば相撲をとっていたいですが、どうなるかわかんないんで。とにかく健康には気を遣っていきます。

―では、最後に今回は隆の勝関からの干支引き継ぎという設定なのですが、初場所では十両での対戦ありそうですね。
白鷹山:がんがん前に出てくるアグレッシブなファイターだと思ってるんで、気持ち負け、あたり負けしないように、こっちも思いっきり行きたいと思います。何回か対戦したことあるんです。

―3回ありますね。
白鷹山:1勝2敗ですよね。最初勝ったんじゃないですか?
勝ち、負け負けか、負け負け勝ちのどちらかだったと思います。

―勝ち、負け負けですね。
白鷹山:そろそろ星を戻したいと思います。

おすもうさん的には隆の勝関も白鷹山関もどちらにもがんばっていただきたいところです……。良い一番となることを願います!
もうまもなく始まる平成最後の一月場所。力士の皆様の健闘を期待しましょう~。

 

【新春稽古アルバム】

白鷹山 亨将(はくようざん・りょうすけ)
高田川部屋所属。山形県西置賜郡白鷹町出身の平成7年4月13日生まれの亥年。初土俵は平成23年五月場所、平成30年五月場所で新十両、翌七月場所で幕下陥落するも、幕下優勝を経て九月場所で再十両。九月場所、十一月場所と連続勝ち越し。

 

↑隆の勝関に続き、「番付あげ(揚げ)まんじゅう」でさらなる昇進を祈願しました~。

photo:Tomoko HANAI

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。