「昭和の名横綱 大鵬の世界」深川江戸資料館で開催!

 
実物大の江戸の街並みが体感できる江東区深川江戸資料館にて、2019年9月21日(土)から10月6日(日)まで、昨年に続き相撲の特別展示が開催されます。今年は江東区の名誉区民第1号であり永く江東区に住んだ、昭和の名横綱・大鵬の特別展。優勝32回、2度の6連覇など前人未到の記録を残した大横綱の化粧_廻しや直筆の書、大鵬を題材にした当時のマンガ本など、ゆかりの品々を展示するほか、取組の画像も放映中。今年で5周年を迎える1階常設の「横綱大鵬顕彰コーナー」も併せて見学を!

等身大の大鵬パネルがお出迎え。

開催期間:2019年9月21日(土)~10月6日(日)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
会場  :江東区深川江戸資料館 レクホール
入館料 :大人400円、小・中学生50円(常設展示観覧料に含まれます)
     *中学生以下のみでの入場は不可
住所  :東京都江東区白河1-3-28
最寄駅 :都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」A3出口より徒歩3分
電話  :03-3630-8625
HP:https://www.kcf.or.jp/fukagawa/

江東区深川資料館関連の記事をチェック!(画像をクリックしてください)

昨年の展示「横綱 72人の選ばれし者たち」の記事を見る

昨年の展示関連講演「横綱のはなし~その歴史と私の見てきた横綱~」にて講演された大至さんのインタビューを見る

昨年の展示関連講演「横綱のはなし~その歴史と私の見てきた横綱~」にて講演された江戸東京博物館名誉館長・竹内誠さんのインタビューを見る

おすもうのある街をぶらぶらする“おすもうブラリ”の江東区深川江戸資料館常設展清澄白河でブラリの記事を見る

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。