おすもうさんの新刊!『知れば知るほど お相撲ことば』

令和2年5月15日に、ベースボール・マガジン社より、『知れば知るほど 行司・呼出し・床山』に続く“知れば知るほど”シリーズの新刊『子どもたちと楽しむ 知れば知るほど お相撲ことば』が発売になります。

おすもうさん編集部が企画・編集・執筆を手掛けました。

テレビや新聞などでもよく耳にしたり目にする「いなす」「待ったなし」「仕切り直し」「大一番」「番狂わせ」や、ふだんの会話でもよく使う「ぶちかます」「一枚上手」「揃い踏み」「脇が甘い」、そして時代劇でもおなじみの「土左衛門」などなど……。これ、全部相撲が語源なんです。相撲と同じ意味で使われているものもあれば、ちょっとニュアンスの違うものも。

本書では、それぞれのことばを、相撲での意味と一般での意味について解説しつつ、相撲の豆知識も学べる構成になっていて、さらにユーモアたっぷりのおもしろ例文&イラストでクスクス、ぷぷぷぷと笑える、とっても楽しい1冊です。

また、相撲界だけで使われている隠語(本書では「隠し言葉」と言ってます)も紹介。ジャンル別&クイズ形式で楽しみながら学べます。もちろん、こちらもクスッとしてしまうイラストが満載!

そして、『知れば知るほど 行司・呼出し・床山』を作ったおすもうさん編集部ならではなのが、行司・呼出し・床山の専門用語もきっちりフォローしている点。仲間内だけで使われる言葉なんてのも。例えば……

・行司部屋に隣接する割場にて「寺子屋しといて」ってどういう意味!?

・触れ太鼓で「ちょっと鳴いてみな」ってなにすること?

・関取が床山さんに「ちょっと縛ってもらえます?」えーーー!!!!

などなど、いろんなお相撲ことばが、どどーんと200語近く。子どもから大人まで楽しめる完全保存版です!

5月15日から、全国の書店、通販サイト、もちろんおすもうさんオンラインショップにて販売開始。

掲載していることばをちょっとだけご紹介!

押しの一手(おしのいって)

<例文>
相撲っぷりと同じく、押しの一手で金星をいとめた。

一枚上手(いちまいうわて)

<例文>
おとうと弟子は、7Lのビッグサイズにもかかわらず、いつもおしゃれなかっこうをしている。ファッションでは一枚上手だ。

番狂わせ(ばんくるわせ)

<例文>
部屋のイベントで行われた「わんこそばえびすこ対決」。床山さんが優勝という番狂わせがおきた。

『子どもたちと楽しむ 知れば知るほど お相撲ことば』
編著/『おすもうさん』編集部
監修/大山 進(元幕内・大飛)、神永 曉(辞書編集者)
ベースボール・マガジン社より令和2年5月15日発行
1,600円(+税)

知れば知るほど お相撲ことば

新品価格
¥1,760から
(2020/5/2 23:17時点)

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。