武隈親方に聞く!『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』の見どころ(前編)

世界初の大相撲ドキュメンタリー映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』。この映画で密着取材をうけていた武隈親方(元大関・豪栄道)に、映画の見どころなどをうかがいました!

 

ポジティブな監督から元気をもらった

――この映画では、境川部屋に長期間密着していますが、撮影されているときは、どんなお気持ちでしたか?

武隈親方:撮られているときは、そこまでカメラは意識していなかったです。とくに稽古中は、稽古に集中しているので。

――最初に密着取材の話を聞いたときは、どう思いましたか?

武隈親方:密着されるのは正直、得意じゃないので、どうなのかなっていうのはありましたが、結果的にいろんな方に相撲の魅力が伝わるのであれば、出演してよかったと思います。

――撮影自体がプレッシャーになることは?

武隈親方:なかったですね。ただ、あんまり成績がよくなかったので、もっといい成績だったら、映画ももっと盛り上がったと思います(笑)。

――坂田監督は、もともとバラエティ番組の総合演出かでしたが、監督と出演者として接して、どんな方だと思われましたか?

武隈親方:すごく明るくて、エネルギッシュな方なので、元気をもらえました。

 

引退して、相撲の見方が変わった

――作品のなかでは、とても激しい稽古の様子が映し出されていました。親方は現役時代、とくに場所前はどんなことを重点的に稽古されていましたか?

武隈親方:場所前は実践が大事なので、そこに重点をおいていました。細かいことをいえば、申し合いのなかでの踏み込みや角度を意識していましたね。

自分が調子いいときは、すり足の感覚がよかったんです。具体的には、足の運びですね。ダメなときは、ひっかかったりする感覚がある。調子いいときは、スムーズに足が出るんです。

――引退されて、相撲に対する見方は変わりましたか?

武隈親方:すごく変わりましたね。現役時代は、自分のことで精一杯なんですけど、引退してからはいろんな角度から相撲がみれるようになりました。ああ、この力士は今こういう精神状態なんだな。だったらこんなふうに攻めたらいいだろうな、とかわかるようになりました。

ーーそういうことをだれかと話したりは?

武隈親方:若手の親方衆とかと、指導論はよく話しますね。こういうことをしたら、もっと強くなれるんじゃないか、とか。

――どなたとよく話されるんですか?

武隈親方:音羽山親方(元天鎧鵬)や佐ノ山親方(元里山)、井筒親方(元豊ノ島)とか。現役時代から仲よかったんですよ。

――今の若い力士を見て、こうすればもっと強くなる!っていうのはありますか?

武隈親方:もっとコンディションに気をつかうってことですね。今は、体の土台がしっかりしていない若い子が多いと思います。具体的にいうと筋力がない。筋力をつければ、相撲がもっと楽に勝てるようになるし、厳しい稽古にもついていけるようになります。

――今、注目されている若手力士を教えてください。

武隈親方:納谷ですね。今は幕下(令和2年十一月場所現在)なんですけど、同級生に豊昇龍や琴勝峰っていう幕内で活躍している力士がいて、力は彼らと遜色ないので、十両にあがったら一気に駆け上がるんじゃないかと思います。

 

自身が目指す親方像

――引退されてから、親方目線でみる境川親方は、現役時代とここがちがうというのはありますか?

武隈親方:そこは現役時代と一緒ですね。

――目指される親方像は、境川親方とかぶりますか?

武隈親方:もちろん参考にさせてもらうことは、たくさんありますが、同じ人間にはなれないので。稽古での熱血指導だったり、師匠のいい部分をきちんと引き継ぎながらも自分らしさをプラスしていきたいです。

――武隈親方が思う、境川部屋の特徴は?

武隈親方:部屋の前に川があることですかね。それは冗談で(笑)。

師匠は、稽古は厳しく、あとはおおらかにみてくれるので、そういうオンとオフの切り替えがあるのが、境川部屋のいいところだと思います。

 

前半はここまで!後半では、映画の内容はもちろん、現役時代のこともうかがいます。お楽しみに!

 

武隈 豪太郎 たけくま・ごうたろう(元大関・豪栄道)

昭和 61 年 4 月 6 日生まれ。大阪府寝屋川市出身。埼玉栄高校時代には、高校横綱等 11 の個人タイトルを獲得。卒業後に境川部屋に入門。平成 17 年初場所で初土俵。平成 18 年九州場所に新十両、平成 19 年九月場所に新入幕。平成 26 年九月場所で大関昇進。平成 28 年九月場所では全勝で初優勝を飾る。令和2年初場所で引退。動物好きで知られ、現在は猫(マンチカン)を1匹飼っている。

『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』

10 月 30 日(金)より TOHO シネマズ錦糸町、10 月 31 日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

出演:境川部屋、髙田川部屋監督/制作総指揮:坂田栄治

製作:「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会

配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 配給協力:日活

2020 年/カラー/シネマスコープ/5.1ch/106 分

©2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会公式サイト:http://sumodo-movie.jp/ 

公式 Twitter:https://twitter.com/sumodomovie

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。