「親方がっぷり寄席」主催 〜押しだしましょう子さん〜後編

マセキ芸能社所属のフリーアナウンサー・押しだしましょう子さん。その芸名から相撲好きは推して知るべし。親方をゲストにトークを繰り広げる「親方がっぷり寄席」の主催者でもあり、次回第7回(令和4年1月3日開催予定)で1周年を迎えます。

今回は、押しだしましょう子さんってどんな人? 「親方がっぷり寄席」ってどんなイベント?ということで、お話をじっくり伺ってきました! 後半は「親方がっぷり寄席」ってどんなイベント?編です。

最後にお年玉プレゼントのお知らせもあります!お見逃しなく。

 

仲良し親方3人だからこそのトークが魅力

—「親方がっぷり寄席」をやり始めたきっかけはなんだったんでしょうか?

コロナ前に、芸人さんたちがやっている相撲イベントによく行っていて、ゲスト出演やお手伝いもさせてもらいました。もっと一緒に運営に関わりたいなと思ったんですが、みなさんが10年も続けていらっしゃるイベントに、そう簡単に仲間に入れてくださいとは言えなくて……。

すでにいくつもイベントはあるけれど、自分が行く立場で考えたら、まだまだあっても行きたいなと思って、じゃあ、新たな趣向のものを自分で作ればいいんだ!って思ったんです。それで、だれか一緒にやってくれる相撲好きはいないかなというので、同じマセキ所属のしゃもじのたーにーさんにお願いしたら、即答で「いいよ。やろう!」と言ってくれて。

 

―新たな趣向というのは?

芸人が親方に取材をして、親方やその相撲部屋の魅力を漫才やコントで伝えるというものでした。

たーにーさんが芸人さんのキャスティングをやってくれて。相撲ファンだけでなく、お笑いファンにも見てもらえるイベントという感じで。

 

―さすが、マセキ芸能社所属が生かされてますね!

はい、たーにーさんの人脈のおかげで、先輩芸人さんもたくさん出てくれて、お笑いファンの方も視聴してくださいました。

でも、イベントの内容を試行錯誤しながら、徐々に親方のトークメインになっていった感じですね。

 

―親方のキャスティングはしょう子さんが?

はい。でも、なんのつてもなく始めたので、親方がお一人出演OKいただけると、その親方に一緒に出るならどなたが話しやすいですか?って伺って紹介してもらっていったんです。

これが、実際やってみると、とてもいい感じで。ふだんから仲がいい3人だからこそのトークの転がりがすごく楽しくて!

 

親方数珠繋ぎの秘話をご紹介!

―なるほど。では、ここからは、親方キャスティングの裏話をお伺いしながら、第1回から振り返ってみたいと思います。

 

第1回 2021年1月3日 湊親方(元幕内・湊富士)・立浪親方(元小結・旭豊)・玉ノ井親方(元大関・栃東)・カントリーズ・パーパー

 

第2回 2021年3月2日 湊親方(元幕内・湊富士)・立浪親方(元小結・旭豊)・玉ノ井親方(元大関・栃東)・日本エレキテル連合・ルシファー吉岡

—第一回目は、芸人さんとのコラボ時代ですね。なぜこの3人の親方に?

きっかけは、湊親方のおかげです。

 

―また、なぜ湊親方だったんでしょうか?

鳥取城北高校(前編の記事参照)の祝勝会に、逸ノ城関と湊親方、おかみさんが来てくださったんです。そのとき、いろいろお話しする機会がありました。

私はすでに上京していたので、その後おかみさんがまめに連絡をくださって、コロナ前だったので稽古見学に行かせていただいたりして。親方は気さくな方で、お笑い好きと知り、相談したら出てくださることになり、決まりました。

 

―立浪親方と玉ノ井親方は?

立浪部屋と湊部屋はよく一緒に食事もすると聞いていて、立浪親方も一緒にどうですか?とおたずねしたら、湊親方から声をかけてくださって。

トークをしていただくには3人くらいがいいかなと思って、あと一人どなたがいいですか?って聞いたら、「玉ノ井さんかな」というわけで。湊親方が声をかけてくださって、この3人となりました。

 

―第2回は親方は同じメンバーで、芸人さんが変わりました。

3人の親方の話、もっと聞きたかったねと、たーにーさんと感想が一致してそうなりました。

日本エレキテル連合は、大学の同級生で、力を貸してくれました。ルシファー吉岡さんは大先輩ですが、たーにーさんがお願いしてくれたおかげで、出演してくださいました。

 

第3回 2021年5月4日 浅香山親方(元大関・魁皇)・友綱親方(元関脇・旭天鵬)・西岩親方(元関脇・若の里)・モグライダー芝大輔・しゃもじ

 

―今回は親方が変わりました。

1・2回目の配信で、3人の親方が口をそろえて「浅香山親方ほどいい人はいないよ」とおっしゃっていて、浅香山親方の武勇伝がたくさん出てきました。

それで、湊親方に、浅香山親方に次出てもらえませんかねってご相談したら、同じ審判部だから声かけとくよと、言ってくださって。

1、2回は湊親方の紹介で3人が決まりましたが、イベント後に親方たちから「次も仲のいい3人でやったほうが盛り上がるよ」というアドバイスもあり、親方たちが相談してくださり、浅香山親方と西岩親方、友綱親方が出てくださることに決まりました。

 

―本番前に打ち合わせはされるんですか?

はい。それぞれの親方と、どんなお話ができそうか、とか、プロフィールの確認など、みなさんお時間とってくださり、本当に恐縮です。

浅香山親方は、打ち合わせがzoomに初挑戦でした。

 

―おぉ。スムーズにいきましたか?

これが、なかなかつながらなくて。ず〜っとパソコンの前で電話しながら、「URL送りました」「届かないなぁ」「アドレスあってますか?小文字が大文字になってませんか?」という感じで。半日くらいやっていたら、突然親方が「あ!a…sa…ma…ya…maになってる!」って(笑)

 

―おしい!

届いたときは「やったー!届いた」と感動しました。

一から全部自分でされることや、快くお付き合いくださることにも重ねて感動でした。

 

第4回 2021年6月25日 安治川親方(元関脇・安美錦)・千賀ノ浦親方(元幕内・里山)・チキチキジョニー石原

 

このときはなかなか決まらなくて、つてもないけど純粋に出てほしい方・・・・と考えて、安治川親方どうだろうかと。連絡先は知らなかったんですが、SNS経由でメッセージを送ったら「いいですよ」ってお返事くださって、快く受けてくださったんです。

 

―そこで、安治川親方が千賀ノ浦親方をご推薦くださったわけですね。

はい!一緒に出るなら里山さんがいいってことで。

 

―安治川親方のzoomスキルがすごかったですね。おすもうさんでも、佐々木一郎さんとのオンライントークショーをやったんですが、打ち合わせのときもzoomの画面共有とか手慣れた感じで、すごかったです。

そうなんです。

このときは、親方2名だったんですが、芸人の先輩でお相撲仲間のチキチキジョニー石原さんに助けていただき、楽しい配信になりました!

 

第5回 2021年9月4日 浅香山親方(元大関・魁皇)・九重親方(元大関・千代大海)・二子山親方(元大関・雅山)

 

―この回から親方オンリーなんですね。

はい。でも、なかなか決まらなくて。浅香山親方に相談してみたんです。

第3回が終わった後に、「こんなイベントやってるなんて知らなかったけど、すごくいいと思うよ。続けていけば浸透していくから。続けることが大事だから、また何かあれば言ってください」とおっしゃって。

それで、お言葉に甘えて、浅香山親方に再びお願いしました。一緒に出るなら誰がいいですか?って聞いたら「みやびかな……」って。

二子山親方も、ぜひ喜んでと言ってくださって、もうお一人どうですか?って聞いたら「九重さんかな」ってなって、双子山親方がすぐに電話してくださって、OKだと連絡いただきました。

もう、その日はこの豪華なメンバーがこんなにトントンと決まって興奮してしまい、大げさではなく本当に眠れなかったです(笑)。

 

―親方の交友関係がわかっておもしろいですね。

それに、親方の意外な一面も垣間見られて。九重親方はイベント用に美人ライトも買われていたり!

 

—意外です!

実は、浅香山親方も持ってらっしゃったんです!

そのときのやりとりが面白くて、九重親方が「俺はこういうのもやってるから」って美人ライトを披露されたのに対して、浅香山親方が「お前はやっぱりそういうところから違うね〜。ようやってんな〜」っていいながら、「ほら」ってご自分も持っておられたっていう・・・。

 

第6回 2021年11月3日 熊ヶ谷親方(元幕内・玉飛鳥)・岩友親方(元幕内・木村山)・時津風親方(元幕内・土佐豊)

 

―この3人も意外な組み合わせでした。

このときは、時津風親方きっかけです。

 

―それも意外!

鳥取時代、全国相撲指導者研修会という、全国から相撲の指導をしている人たちが集まる研修に参加させてもらったんです。

そこで仲良くなった東京農業大学出身の先生が時津風親方の先輩で、時津風親方出てもらえませんかって相談してみたら、すぐに連絡してくださったんです。

 

―あまりこういうイベントに出られるイメージがないですよね。

以前、よく時津風部屋の稽古見学に行っていましたが、いつも一番に稽古場におりてきて真剣に稽古を見ておられて、すごいなぁと思っていました。

いつか時津風親方に出ていただきたいと思っていたんですが、大学の先輩である知人からも寡黙な方だとお聞きしていました。

でも、いざ依頼してみると、明るく気持ちの良いお返事!

さらに、「九重親方からも聞いていたんですよ。」と。

 

―九重親方がお話してくださってたんですか?

そのようです。こんなイベントあるから出てみたらって。

それで、一緒に出るなら誰がいいですか?って聞いたら「岩友親方と、熊ヶ谷親方」ってことで、声かけときますっておっしゃった後、すぐ電話がかかってきて、「二人ともOKでしたよ〜」って。

 

ー仕事が早い!

感謝がひとしおでした。

 

第7回 2022年1月3日 鶴竜親方(第71代横綱・鶴竜)・荒汐親方(元幕内・蒼国来)・春日山親方(元関脇・勢)・ナイツ塙

 

―いよいよ、次回開催の第7回です。

第6回の後に、熊ヶ谷親方に、荒汐親方は誕生日もが近いし(1月9日)、出てほしいんですと相談をしたら、場所中に声かけときますよとおっしゃっていただいて。

それで、荒汐親方から鶴竜親方、春日山親方とつながりました。

 

―親方数珠繋ぎですね。

仲のいい3人というのが、このイベントのよさでもあると思います。

 

―久々に芸人さんが復活です。

親方3人の話に入り込めて、笑いに変えたり話を深めたりしてくれる方がいてくれたらと思って。事務所の先輩でもある塙さんには前から出てほしいと思っていたんですが、ちょうど1周年の節目でもあったし、思いきってお願いをしてみたらまさかのOKをいただけました。

どんなお話が聞けるか、ぜひ生配信で、都合が悪い方はアーカイブでご覧ください!

 

第7回「親方がっぷり寄席」in マすセキ 開催決定!(プレゼントあり!!)

出演:鶴竜親方(第71代横綱鶴竜)、荒汐親方(元幕内蒼国来)、春日山親方(元関脇勢)、 塙宣之(ナイツ)

日時:2022年1月3日(月) 19:00〜20:30

zoomにて生配信(アーカイブ配信もあり)

料金:1,500円

お申し込み・お問い合わせgappppuri@gmail.comまで

チケット販売サイト:https://tiget.net/events/159873

*チケット絶賛発売中!配信直前まで受け付け

お年玉プレゼント 第7回「親方がっぷり寄席 in マすセキ」に3名様をご招待!
ご希望の方は、12月31日23:59までに、Eメールに、お名前、メールアドレス、出演してほしい親方を書いて、gappppuri@gmail.comまでお送りください。 当選者には元旦(2022年1月1日23:59まで)にメールでご連絡いたします。なお、当落の発表は、ご当選者のみへのご連絡となりますことをご了承ください。

チラシのイラストはやくみつるさん!題字は木村朝之助さん。

photo:Kaori MURAO

押しだしましょう子 (おしだしましょうこ)
富山県出身、NHK松江放送局浜田報道室契約キャスター、NBC長崎放送契約リポーター、TUTチューリップ テレビ契約アナウンサー、鳥取市役所広報室キャスターをへて、2019年よりマセキ芸能社所属。 2017年「THE W」決勝進出 。趣味は、相撲、四股を踏むこと、歩くこと、階段を登ること、身体を動かすこと。特技は、50音どれを言われても相撲の情報を言える、歴代横綱72名の名前と情報を早口で言える、女子相撲、書道、司会、体を張ったリポート、股割り。(マセキ芸能社HPより)

コメントは受け付けていません。