「えどがわ大相撲展」を開催中の江戸川区をブラリ その②

「えどがわ大相撲展」を開催中の江戸川区でブラリ第2弾! 新宿線沿線に続き、JR総武線沿いをブラブラ。国技館へ一直線のJRエリアは相撲部屋が点在しているので、力士とバッタリ! なんてこともあるかもしれません。

〚新小岩エリア〛

両国駅からJR総武線で4駅目、新小岩駅からブラリスタート。住所でいうと葛飾区ですが、南口を出て、アーケードの商店街か平和橋通りを南へ歩いて行くと江戸川区に。江戸川区に入ってすぐに第67代横綱・武蔵丸の武蔵川親方率いる武蔵川部屋があります。

武蔵川部屋のちょい先を東へずんずん入っていくと、せせらぎが気持ちいい遊歩道が。そこを左に折れたところに、ここも住所的には葛飾区ですが、鏡山部屋があります。

ブラリに最適な江戸川名物「親水公園」

この川沿いの遊歩道は「親水公園」として整備されていて、江戸川区には日本初の親水公園である「古川親水公園」をはじめ、たくさんの親水公園が。江戸川名物と言ってもいいかもしれません。せっかくなので、鏡山部屋の真ん前にある「小松川境川親水公園」を荒川方面へお散歩がてら歩きつつ、平和橋通りへ戻りましょう。

 

 

 

 

名物赤飯いなりと季節のお菓子が絶品の「金時」!

平和橋通りまで行ったら左へ、少し進むと、地元では有名な老舗の和菓子店「金時」があります。ひっきりなしにお客さんが訪れる名店です。今のご主人は4代目で、最初は焼き芋のお店から始まったとか。

名物は赤飯いなり。しっかり甘めのお揚げに、お赤飯。ちょっと意外な組み合わせですが、口に入れて納得の相性。一度食べるとまた食べたくなるから不思議です。

豆がたっぷりの豆大福やお団子などの定番から、季節のお菓子までどれもおいしい。

 (写真左から)赤飯いなり(1140円)、豆大福(140円)

金時

江戸川区松島1-41-14 tel:03-3651-4657

8:30~18:30 日曜・祝日休み

〚小岩エリア〛

新小岩のお隣、小岩駅の待ち合わせスポットといえば、改札を出たところにある、第44第横綱・栃錦の銅像。取材当日も数名のおばさま方が待ち合わせ中でした。

大正から昭和にかけての栃若時代(栃錦と一代目若乃花)を作り上げた名横綱はここ小岩の出身だったのです。

駅の南口から商店街をまっすぐ突き抜けると、東小岩四丁目交差点に。そこを越えて少し行ったところを左へ折れると田子ノ浦部屋があります。

ここを左へ折れずに、さらに少し進んでから左へ行くと、おすもうとゆかりの深いお寺が。

 

東の横綱の異名をとる善養寺の「影向の松」は必見

田子ノ浦部屋の近くにある善養寺は、開山約500年の歴史を持つ真言宗豊山派のお寺。数々のおすもうにまつわるエピソードがあることでも知られています。

 おすもうと善養寺その①

 

「影向の松(ようごうのまつ)」

寺の境内中央に鎮座する巨大な黒松。盆栽のような見事なたたずまいで、国の天然記念物にも指定されています。この松、昭和54年にテレビで日本一の松と紹介されたことがあるのですが、その際、香川県さぬき市志度町にある真覚寺の「岡野松」から待ったが! お互い日本一を譲らず1年が過ぎたある日、この寺の檀家で行司だった木村宗四郎の法要に訪れた当時の立行司・第27第木村庄之助が、「どちらも日本一につき、東西の横綱に」と名裁きを下しました。

その翌年、引退して相撲協会春日野理事長となっていた横綱・栃錦が、この話を聞き、「影向の松」を東の横綱に推挙し、松の幹につける大横綱を奉納しました。この横綱は、仁王門の内側(向かって左)に飾られています。その反対側(向かって右)には、駅にある栃錦像の原型が鎮座しています。

ちなみに、現在「岡野松」は松くい虫にやられ、残念ながら現存しないのだそう。

 

おすもうと善養寺その②

「白木の軍配」

影向の松でも触れた、善養寺の檀家だった木村宗四郎は昭和32年に晴れて三役格行司に昇進したものの、脳出血で倒れてしまいます。復帰したら漆を塗りましょうと、贔屓筋から白木の軍配を贈られましたが、その軍配を使うことなく息を引き取りました。宗四郎の死から5年、法事に来ていた三役格行司の式守伊三郎はこの話を和尚さんから聞かされ、恩返しにと、昭和48年の九月場所十日目、清國‐豊山戦、貴ノ花‐龍虎戦の二番、その軍配で土俵に上がりました。

 

おすもうと善養寺その③

 栃錦も参加した「子ども相撲大会」

境内では昔から子ども相撲大会が開催され、栃錦も参加し何度も優勝していたとか。70年代に一度途絶えたのち復活し、春日野親方となっていた栃錦も一門の力士を連れて参加していたそうです。土俵は国技館と同じ土を使い、そのつど檀家や町内の人達で手づくりされ、相撲がないときは崩して境内の端にこんもりと山にされていました。現在、「影向の松」の横にある「横綱山」は、この土俵の土でできた小山。上からは松を一望できます(写真は山上からの松)。

 

善養寺

江戸川区東小岩2-24-2 tel:03-3657-6692

 

 

 

不動門前には天然記念物の碑が。

 

 

下町ならでは!昔ながらのケーキ屋さん

  

小岩ブラリのいっぷく&お土産スポットは、駅前から続くアーケードにある昔ながらのケーキ屋さん。名物は、「ちい散歩」(テレビ朝日)でも紹介されたメープル生クリームサンド。メープルクリームをふわふわの生地にサンドしたもので、パティシェの大野さんいわく「ホットケーキみたいな味」。つまり、メープルシロップをた~っぷり染み込ませたホットケーキの味です。ですが、ホットケーキより、きめ細やかでしっとりとした舌触り。お酒好きならブランデーケーキを。ブランデーのお風呂にぼちゃんと漬けたような、お酒がしっかり効いた大人の味です。そのほか、昔ながらのプリンやコスパ抜群のケーキ類はどれもおすすめ。

2階には喫茶室があり、ケーキセットが500円~という小岩価格でいただけます。

(写真左から)ショーケースにはアップルパイ220円、ティラミス250円、おすすめのチョコレートケーキは300円などがずらりと並ぶ。銀紙に包んでリボンがかけられたメープル生クリームサンドはお土産に喜ばれそう。

 シルバード

江戸川区南小岩7-23-17 tel:03-3657-6196

10:002000(喫茶は~1700) 無休

 

 

 

*「えどがわ大相撲展」については江戸川ブラリ①をご覧ください。ちなみにJR新小岩駅・小岩駅から会場の篠崎文化プラザへは歩いて行くには距離がありますので、バスと都営新宿線を乗り継ぐか、本八幡経由で都営新宿線に乗り換えるのがおすすめです。

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。