九州場所のおもひで

若手2人が優勝争いに絡んで大いに盛り上げてくれた九州場所。秀男さんにとって九州はとてもおもひで深いところで、毎年足を運んでいるそうです。今年も、定年後はちょっぴり重くなってしまった腰を上げ、博多へと飛んだ秀男さん。今回は現役時代から現在までの九州でのおもひでをポツリしていただきました。

山木秀男 やまき・ひでお
元立呼出。1949年生まれ。1969年伊勢ヶ濱部屋に入門、同年三月場所で初土俵。桐山部屋を経て、定年時は朝日山部屋所属。2008年一月場所より呼出のトップである立呼出を務め、2014年十一月場所にて、惜しまれつつ定年退職。見事な呼び上げの美声で相撲ファンから愛され、「土俵の妖精」のニックネームも。

現役最後の場所となった九州場所

――九州からお帰りなさい、ですね。定年後も毎年行かれてるんですね。
知り合いの店があってね。そこをたずねて行くんですよ。

――取組を観戦されたりしたんですか?
しませんよ。始まって2日目には帰ってきたからね。

――あら……。でも、九州場所って現役時代から思い出深い場所ですよね。
まぁね。

――福岡国際センターはほかの本場所会場と比べてどうですか?
そんなに変わりませんよ。

――相撲の専門会場じゃないですが、呼出部屋ってどんな感じなんですか?
国技館より広いよ。畳でね。本場所の会場のなかじゃ一番広いんじゃないかな。でね、初めのころは審判部の向かい側にあったけど、記者クラブを広げるんで、場所が移ったんだ。もともと倉庫にしてたところみたいだったけど、広いところをあけてくれてね。うわー広いなって思った。

 

――福岡国際センターって、花道のところをお客さんが通れるでしょ。そこを通ったときに呼出さんが準備運動みたいなのをやってたところがあったんですが……。
あぁ、喫煙所の出入り口になってるところだからね。そうね。ちょうどその辺りを呼出もウロウロしてるかもしれないね。

――九州場所は秀男さんにとって現役最後の場所だったでしょ。思い出の場所じゃないですか?
うん。

――最後の呼び上げのとき、すごかったですよね。秀男さんの横断幕とか持ってる人がいて。
あれは、同級生がね。

――静岡から?(秀男さんは伊豆下田のご出身)
そうそう。15人くらいかな。

――お客さんの歓声で声が聞こえませんでしたもんね。
あんときは、その日にしか優勝が決まらなかったんだもんね。鶴竜と白鵬じゃなかったかな。確か。

――秀男さんの後援会とかなかったんですか?
ないよ。

――今からでもファンクラブ作ったらいいんじゃないですか。
もうだめですよ(笑)。

ツイッターにアップされていた、炎鵬さんと秀男さんのツーショット写真をipadでチェック中。

九州恒例、白鵬関との食事会

――九州ではいつも白鵬関とごはんに行かれるとか。今回も会われたんですか?
会いましたよ。炎鵬とね。連れてきたんだよ白鵬が。

――白鵬関が可愛がってる秘蔵っ子って感じですよね。
うーん。可愛い顔してるしね。あの子。

――横綱は炎鵬さん以外も付け人を連れていらっしゃるんですか?
去年は石浦連れてきたね。必ず若い衆はいますよ。

――お気に入りの弟子を連れて来られるんですかね?
そうだろうね。あ、でも山口連れてきたことないなぁ。あれ、一番弟子じゃない? 今回は調子がよくなかったね。心配だよ。

 

秀男さんおすすめの九州グルメ

――滞在中は1週間何されてたんですか?
酒をね。へへ。

――博多で必ず食べるものってありますか?
何を食べようって意識はないんだけどね。焼鳥かな。

――博多の焼き鳥って皮が有名ですよね。
そうね。皮も食べますよ。いつも行くところがあるんだけど……、そこはあんまり焼き鳥メインって店じゃないけどね。

――現役のころはいつも夜は飲みに行かれてた?
だいたい2日に1ぺんは飲んでた。

――地方の方が飲む機会は増えます?
飲みに行かなきゃ……、間が持たないでしょ(笑)。

――名古屋、大阪、九州だったら、九州が一番夜は楽しいですか?
まぁね。

――今回はお昼とかどうされてたんですか?
毎日悩んでましたよ。でも、たいがいうどんだったね。天神にありますよ、けっこううまいのが。でも今回はそこへはいかなかったけどね。博多でウエストってあるでしょ。そこはよく行った。

――博多うどんってごぼう天が入ってるのが特徴でしたっけ?
俺が食べてたのはごぼう天は入ってない。エビ天は入ってたけどね。

――現役のころはどうされてたんですか? 福岡国際センターに食堂はないですよね。
近くに行きつけの喫茶店があって、そこが毎日メニューを変えて作ってくれるんだよ。

――何ていう喫茶店ですか? 来年行ってみますよ。ちょっと調べてみますね。(ネットで検索する)
そんな載ってるような店じゃないよ。なんだっけな。伽羅だ。絶対載ってないよ。来年行ったってないかもしれないよ。

―ありました!(食べログで発見)
えっ!あった? うーーん。これだね。

――今回は?
1回行ったよ。

――昔ながらの喫茶店ですね。
うん。

――コスパがいいって書いてありますよ。
コスパって何。

――安いのにおいしかったり、量が多かったり。
うん。量だけは自慢できるね。

――相撲協会の人たちも行かれてるんですか?
何人かは行ってるよ。

――お店のマスターはおすもうファンなんですか?
わかんないな。相撲好きになっちゃったって感じじゃない?

――テレビで相撲が流れていたりするんでしょうか?
テレビはあるけど、相撲流してるかはわかんない。その時間はそこにいないからね(笑)。

――そうか。出番ですもんね。

 

秀男さんおすすめの九州グルメ。来年の参考にしてみてください!

呼出秀男の相撲ばなし

新品価格
¥1,296から
(2017/12/13 19:44時点)

秀男さんの著書をチェック!
『呼出秀男の相撲ばなし』
(現代書館)

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。