名古屋場所のおもひで

猛暑の名古屋場所が終わり、巡業も始まりましたが、遅ればせながら秀男さんの名古屋のおもひでを聞いてみました。おすすめグルメや夜のおでかけのことなど。そして、今はテレビ桟敷で観戦中の秀男さんお気に入りの解説者とは……?

山木秀男 やまき・ひでお
元立呼出。1949年生まれ。1969年伊勢ヶ濱部屋に入門、同年三月場所で初土俵。桐山部屋を経て、定年時は朝日山部屋所属。2008年一月場所より呼出のトップである立呼出を務め、2014年十一月場所にて、惜しまれつつ定年退職。見事な呼び上げの美声で相撲ファンから愛され、「土俵の妖精」のニックネームも。

名古屋でのおいしいおもひで

―名古屋では部屋の宿舎だったんですか? それとも別宿?
部屋出てからは別宿だね。

―定宿にしてたところはあるんですか?
定宿はね、なんだっけな、、、、昔、力士会なんかやってたところ。もう今は名前が変わっちゃったと思よ。錦にあったところ。

―そこにいつも泊まられてた?
うん。電車で2駅か。

―秀男さんが入門された頃はもう金山じゃなくて愛知県体育館でしたよね?
そう。金山は知らないよ。でも場所的には金山のほうがいいよね。

―そうですか?
だって、こっちはなんにもないじゃない。名古屋城入ったらなんもないもん。
*愛知県体育館は名古屋城の中にあります。

―オリンピアしかないですもんね。オリンピアは行かれてました?
なにそれ?

 

―体育館の中の食堂ですよ。オリンピアっていうんですよ。名古屋はオリンピックしたことないのにね。
ぐはははは(爆笑)

―お昼ご飯はどうされてたんですか?
場所中は弁当とってたね。土俵築のときは食堂(オリンピア)で食べてたけどね。

―福岡みたいに行きつけの喫茶店はなかったんですか?九州場所のおもひで参照)
だって、お城出るまでが大変じゃない。

―そっか。では、場所が跳ねてからは夜の街へ?
だいたい2日に1ぺんは弁当食ってたね。

―へぇー。お弁当?
コンビニの弁当ね。食えるもんですよ。

―じゃ、2日に1ぺんは外に?
そう。そういうスケジュールをたててたんだよ。体がまいるでしょ。

―毎日出かけてたらしんどくなる?
そうそう。最後のほうはもう行くとこなくなってね。

―行くとしたら栄ですか?
そう。近くていいんだけどね。

―ひとりで?
だいたいひとりだね~。

―呼び出しさん仲間ではでかけないんですか?
行くこともあったけど、幸司が多かったね。同じ部屋だったから。

―おすすめ名古屋グルメを教えてください!
え、参考にすんの?

―はい。
行ってた飲み屋はもう閉めちゃったんだよ。あとは、うなぎかな。「いば昇」ね。歩いてすぐだったし。

―ひつまぶしですか?
いろいろあるよ。まぁ、うまいよ。人気みたいで、けっこう待つ時もあるくらい。

―では次回ぜひ行ってみます! 秀男さん、退職されてから名古屋場所は行かれました?
行かないよ~。名古屋はいっぺんも行ってないもん。知ってる店もなくなったしね。

―名古屋場所の思い出は?
いい思い出はありますよ、随分。

―どんな?
いいお客さんがいてね~。いい思いもしましたよ。

―おいしいものってことですね。秀男さん今晩いかがですか?ってお誘いくるんですか?
今晩ってのはないよ。あらかじめ、いついつどうですか?って。で、どこ行くんですかってきいてね。

―どこへ行かれた?
いろいろだよ。一番よかったのは北海道料理でね。なんて店だったかな? いろいろ忘れちゃうんだよね~。

―じゃ、そのあとはカラオケ行ったり?
そうそう。

―そこで美声を披露されたわけですね。
ふふふ(笑)

―秀男さんひとりで呼ばれていくんですか?
だれか連れてってもいいですか?って連れていったこともあるし、だれか連れてきてって言われたこともあって、「じゃ、魁皇(現:浅香山親方)でいいですか?」って聞いたら、「おお、いいよいいよ」ってね。その時まだ大関じゃなかったけど。

―へーーー。秀男さん魁皇さんと仲良しなんですね?
自然と仲良くなるでしょ。同じ一門だからね。

―魁皇さんの若いころはすごい男前ですよね。
そうっすか。

秀男さん好みの解説者とは?

―テレビ中継はBSから観てらっしゃるんですか?
観てますよ。1時からね。

―好きな解説者は?
北の富士さんが一番だよ。

―北の富士さんと秀男さんでは年齢はかなり違いますよね?
違うね。入ったころはもう大関だったかな? 一度本人の前で俺が冗談言ったんだな。入ったばっかりのころ、そしたら「おー面白いな、あんちゃん」って言われたことあるなぁ。

 

―昔からかっこよかったですか?
かっこいいよ、あの人は。かっこいいってのは、どういうの……、うーーん、かっこいいってのは隠してるところがあるよね。影はないけど、なんか裏があるなっていうね(笑)。

―秀男さんにとってのいい解説は?
時たま悪いことも言うっていうのがね。

―ほめてばっかりじゃない?
言っちゃいけないところまで言っちゃいそうなところがいいね。

―それ完全に北の富士さんですね。
そういうこと。

―では、お好きな実況のアナウンサーは?
昔の石橋(省三)さんとか、向坂(松彦)さんね。向坂さんは亡くなっちゃったね。

―アナウンサーとの交流はあったんですか?
杉山さんとはよく話したよ。

―仲が良かったんですか?
共通の知り合いがいたんだよ。

―杉山さんとも随分年が離れてますよね。今88歳ですって。秀男さん68歳だから、20も違うんですね。秀男さんお誕生日はいつでしたっけ?
12月。渡哲也と同じ。28日ってあんまりいないんだよ。で、見つけたのが渡哲也。

―いいじゃないですか~。12月28日……、えーっとちょっと調べてみますね。(ネットで検索すると)藤波辰爾、石原裕次郎もいっしょですよ。
へ~。

―一ノ矢さんっておすもうさん。一緒ですよ。
ふーん。沖縄生まれだったっけ?

―惜しい!鹿児島出身ですって。あと、玉ノ国さん。
あれ、12月28日なの? へぇ~。

―けっこういますね~。
だれか女の人もいた気がするけどね。

―寺島しのぶ、藤山直美。
藤山直美、いいね~。

―お好きなんですか? 
うん。芝居観に行ったよ。おもしろかったよ。あと、あの映画も観たよ。犯罪の。

―「顔」ですか?
そうだったかな。

―そういえば、映画は最近行かれました?
観てないんだよー。

―えー、もしかしてアウトレイジから観てないんですか?(「呼び出しの商売道具「柝」のおもひで」参照)
観てないよ。

―「北の桜守」も結局観てないんですか?(「秀男好み~その①参照)
観てない。

―今気になってるのは?
今はあれでしょ、やっぱり。是枝の。

―カンヌの! 「万引き家族」!
なんであれがグランプリを獲れたか観てみないとね。

―是枝ファンですか?
あんまり観てはいないよ。でも「誰も知らない」とか観たけど、よくわかんなかった。

―(ズコッ)私は「歩いても 歩いても」が好きです。
あ、そう。あれは是枝作品に近づくには一番だね。

―でも、是枝監督とはさすが! 映画通ですね~。

またしても最後は映画の話に……。映画館から足が遠のいているとはいえ、最新映画情報はしっかりキャッチされている秀男さんなのでした。

呼出秀男の相撲ばなし

新品価格
¥1,296から
(2018/7/27 19:17時点)

秀男さんの著書をチェック!

『呼出秀男の相撲ばなし』
(現代書館)

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。