『すもう道まっしぐら!』豪栄道豪太郎著〜後編〜

子どもの頃から「すもう道」に邁進する豪栄道関の自伝『すもう道まっしぐら!』。引き続き、集英社みらい文庫の小谷さんと浜崎さんに制作秘話を伺いました。

氷レモンを手に。少しずつ相撲から心が離れていった頃だそう。

男気あふれるエピソード

――取材で印象に残っていることはありますか?

浜崎さん:お話を聞いて意外だったのは、本書の「つっぱり中学生編」にも載っていますが、中学生のときの髪を染めたりしていたことでしょうか。おしゃれしたい、女の子にモテたいっていう普通の中学生だったというのが、いいなあって思います。大阪ですから、アメ村に洋服を買いに出かけたりしていたそうです。

小谷さん:お話をしていると、ときどきとても哲学的なことをおっしゃるんです。それが心に響きましたね。優勝した次の場所前にお会いしたとき、体が大きくなったように見えたので、「大関、体大きくなりました?」って聞いたんです。そしたら「いや、変わってないですよ。勝ってるときは大きく見えるし、負けてるときは小さくなったって言われるし。勝負の世界なんてそんなもんですよ」って。うわ、かっこいい~!って思いましたね。

――勝負の世界で生きている人のリアルな声ですね。かっこよすぎます!

小谷さん:本が出来上がって会食の場をもうけたとき、私は豪栄道関の大ファンなので「大関が今後、優勝する、しない、横綱になる、ならないにかかわらず、今後の相撲界を盛り上げるには絶対に必要な方ですので、ぜひいつまでも相撲界に残ってください!」と熱い思いを伝えたら、「そうか…じゃ、今日ももっと呑まないといけないな(笑)」と言って、予定時間を延長してくださいました。その日のお支払も、本来であればもちろんこちらでするのですが、大関がお支払くださって……めっちゃ男気感じました。

埼玉栄高校時代。左は、関西から同じ新幹線で上京してきた宮本くん(現・妙義龍関)。

勝負は一瞬!力士と家族のメンタリティ

――素敵! 取材中、大関がカド番のときもあったかと思いますが、そのときはどんなお気持ちでしたか。

小谷さん:私もかなりのめり込んでこの本を作っていたので、カド番のときは毎日取組が気になって気になって仕方なかったですね。スマホやパソコンでドキドキしながらチェックしていましたが、苦しくなるぐらい「わ~~~~」ってなってしまって。ファンの私がそうなんですから、ご本人やご家族は本場所中、どんなメンタリティで過ごしていらっしゃるのかなって思いますよね。

――取組は数秒から、長くても数分で終わってしまいますもんね。

小谷さん:そしてそれが15日間続くという……

――ご家族のお話が出ましたが、本書では豪栄道関の小さいころのお写真も満載です。

浜崎さん:お母さまにご協力いただいています。大関に、小さい頃のお写真をお借りしたいと言ったら、お母さまにお伝えくださって、アルバムにまとめてドーンと送っていただきました。写真がきれいに年代順に並んでいて、とても大切にされて育ったのだなというのがわかりました。たくさんの写真の中から厳選したものを、本書では掲載しています。

一番のファンでもあるお母さまと。

指導者にも恵まれた「すもう道」

――小さい頃は細かったんですね。

小谷さん:小学校時代の写真を見ると、まわりの子どもたちよりひとまわりぐらい小さくて。でも運動神経がとてもよかったんですよね。

――本書では大関の母校である埼玉栄高校の山田監督や境川親方にも取材されています。

浜崎さん:山田監督も境川親方も本当に優しい方でした。大関は中学時代に相撲に打ち込めない時期があったそうなんですが、埼玉栄高校に入学して、高校横綱にまでのぼりつめました。入学したてのころは少しとがっていた豪太郎少年を、相撲道をまっすぐ歩むよう軌道修正したのは、山田監督の指導があったからではないでしょうか。

小谷さん:境川親方、すごくかっこいいんです。あんな上司がいたら、絶対ついていく!って思います。稽古中は厳しさもあるのですが、普段お話されるときはとても柔和なお顔で。

――読者から感想などは寄せられますか?

小谷さん:本来の読者である子どもたちからは「こういう世界もあるんだって勉強になりました」というような感想が来るのですが、この本については、ご高齢の方からの感想もとても多いんです。読者カード(本に挟んであるアンケート)にびっちりと感想を書いてくださいます。嬉しいですね。

――老若男女問わず楽しめる一冊ですね。

小谷さん:力士って特別な世界の人だと思われがちですが、子どもさんには「自分に近い存在」として親しみをもって読んでもらえるかなと思います。この本を読んで、お相撲さんってかっこいい!って思ってくれる足がかりになるといいなと思います。

――そうですね! 子どもたちがお相撲やってみたい!って、少しでも競技人口が増えるといいなと思います!

渋谷青山学院場所で豪栄道関にひとことインタビュー!~後編~

ーーみらい文庫の方が、大関の記憶力がすごい!っておっしゃっていました。

豪栄道関「記憶力だけはいいんですよ(笑)」

夏休みSpecialプレゼント!! 
ご応募を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!
豪栄道関のサイン入り『すもう道まっしぐら!』を1名様にプレゼントいたします。おすもう図書室『すもう道まっしぐら!』前編、後編で出されるクイズに答えて、どしどしご応募ください!

問題②
高校進学の際、同じ新幹線で上京してきたのは誰でしょう?(四股名で)

応募方法
①おすもう図書室『すもう道まっしぐら!』前編、後編で出されるクイズ(全2問)の答え(必ず2問ともお答えください)
②おすもうさんサイトで面白かった記事を3つ
③今後登場してほしい力士
④お名前
⑤メールアドレス

①〜⑤をご明記の上、info@osumo3.comまでご応募ください。
締切は2018年8月31日です。
応募者多数の場合は厳正なる抽選の上、ご当選者のみにメールで詳細をご連絡いたします。

*個人情報のお取扱いについて
お預かりした個人情報は、適切に管理し、プレゼントの発送やサイト制作の参考にさせていただく以外の目的で使用いたしません。

すもう道まっしぐら! (集英社みらい文庫)

新品価格
¥691から
(2018/8/9 15:39時点)

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。