平成最後のインカレ! 第96回全国学生相撲選手権大会レポート

第96回全国学生相撲選手権大会(通称:インカレ)が、11月3日・4日に開催されました。今年の会場は東京・両国国技館です(大阪・堺市大浜公園相撲場とでの隔年開催)。日本じゅうの大学相撲部が、この大会を一番の目標に掲げ、日々稽古に励んでいます。選手の親族やOBなど各校の応援団、そして熱心な相撲ファンで会場は朝から熱気に包まれました!

無差別級なので体格差のある試合も見どころです。

大相撲では呼出しさんが行う土表の手入れも、学生のお仕事。

【今年の出場校】

Aクラス
東洋大学・日本大学・近畿大学・日本体育大学・九州情報大学・中央大学・拓殖大学・東京農業大学・駒澤大学・同志社大学・明治大学・早稲田大学

Bクラス
法政大学・立命館大学・朝日大学・金沢学院大学・大東文化大学・愛知学院大学・関西学院大学・関西大学・専修大学・東海学園大学・慶應義塾大学・大阪大学

Cクラス
京都大学・日本医科大学・東北大学・立教大学・名古屋大学・龍谷大学・東京大学・防衛大学校・東京医科大学・大阪歯科大学・北海道大学・広島大学・國學院大学・新潟大学・神戸大学

3日は団体戦Cクラスのトーナメントと個人戦、4日は団体戦A、Bクラスの試合が行われました。

 

今年の結果は…

【団体戦】

Aクラス
優勝:東洋大学
2位:日本体育大学
3位:日本大学、近畿大学

Bクラス
優勝:朝日大学
2位:法政大学
3位:慶応大学、立命館大学

Cクラス
優勝:龍谷大学
2位:東京大学
3位:立教大学、名古屋大学

 

【個人戦】

優勝:菅野陽太(中央大学2年)
2位:中嶋亮介(東洋大学4年)
3位:城山聖羅(東洋大学3年)、宮崎麗(日本大学2年)

団体戦Aクラス優勝は東洋大学の3連覇! 同大OB・御嶽海関の優勝額に見守られての嬉しい勝利です。

そして約200人がエントリーした個人戦の優勝は、中央大学・菅野選手! 決勝戦で、東洋大学・中嶋選手を上手投げで破りました。中央大学からは、豪風関以来17年ぶりの学生横綱誕生です。学生横綱は、大相撲に入門すると幕下付け出しの資格が与えられますが、それは優勝した日から1年間のみ有効。菅野選手はまだ2年生。大相撲への気持ちはあるそうですが、卒業までは、中央大学で相撲道に精進するとのこと。これからの活躍が楽しみですね!

中央大学・菅野選手が東洋大学・中嶋選手を上手投げで破る。

賞状やトロフィーを手にした中央大学・菅野選手。

左から優勝した中央大学・菅野選手、2位 東洋大学・中嶋選手、3位 日本大学 宮崎選手、東洋大学・城山選手。

インカレは大学相撲部にとって、1年間の集大成。大学相撲には、小さなころから相撲で鍛えた〝セミプロ〟のような人もいれば、大学に入って初めて相撲をとった人もいます。体格や力の差はありますが、相撲にかける熱い思いはみな同じ!大相撲に入る人も、そうでない人も、ひたすら自分の相撲を磨くために日々精進しています。

おすもうさんでは、これからも相撲道を突き進む学生たちを、いろいろな形で紹介していきたいと思います!

【今大会で活躍した学生が見られるかも!】

学生相撲のシーズンは終了しましたが、12月にアマチュア相撲最高峰の大会が開催されます。足を運んでみてはいかがでしょうか。

12月2日(日):全日本相撲選手権大会@両国国技館

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。