両国ブラリ~両国 高はし~

すでにご紹介した第一回両国ブラリに続き、この界隈で外せないお買い物スポット「両国 高はし」が登場。おすもうさんオリジナルグッズもフルラインナップでお取扱いいただいています。猫好きなら要チェックの看板猫・ハナちゃんもお見逃しなく~。

JR両国駅東口から少し歩いた京葉道路沿いにある「両国 高はし」。大正元年創業のお誂え布団と相撲小物のお店です。関取が土俵下に控えるときに座っている四股名入りの座布団を仕立てていることで有名です。

店内に所せましとおかれた相撲グッズは文具からバッグ、置物、食器類、傘、雑貨などあらゆるアイテムが揃います。力士が故郷の家族や知り合いにお土産を買いにくることもしばしば。

 

おすすめは、おすもうさんオリジナルグッズはもちろんなのですが、番付を入れる入山額、大相撲の半纏などなかなかほかにはない商品も。また、職人さんが作る座布団は45センチ角の小ぶりサイズもあって人気です。編集部員も自宅で愛用中。ふかふかで座りごこち抜群です。

おすもうさんのメッセージふせんは使い勝手のよい「よろしくたのんます(ブルー)」が一番人気だとか。いろんなポーズのおすもうさんが入れ代わり立ち代わり登場するマスキングテープも好評。

A4サイズのクリアファイル、A4三つ折りがぴったり入るおすもうさん封筒(コレに相撲チケット入れてお渡しすると喜ばれます!)、一筆箋もありマス!

さりげなくつけられる直径3.2㎝のミニサイズ缶バッチは3種!

編集部員が自宅で愛用中の45㎝角お座布団。千鳥柄です~。ふかふか。1500円という価格もコスパ抜群。

そして、そして、猫好きにはたまらないのが看板猫のハナちゃん! 下町の看板猫を集めた本『吾輩は看板猫である 東京下町篇』(梅津有希子著、文芸春秋)の表紙を飾ったこともある美猫さんです。今ではあまり店に出なくなってしまったそうですが、運がよければ会えるかも!

両国 高はし
住所:東京都墨田区両国4-31-15
電話:03-3631-2420
営業時間:9時30分~19時
休み:日曜(東京場所中は無休)
HP:http://edo-sumo.d.dooo.jp/

吾輩は看板猫である 東京下町篇

新品価格
¥1,028から
(2019/2/15 20:34時点)

吾輩は看板猫である (文春文庫)

新品価格
¥756から
(2019/2/15 20:39時点)

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。