第6回全国学生女子相撲大会をレポート!

7月1日(日)第6回全国学生女子相撲選手権大会が、日本大学八幡山総合体育館で行われました。その模様をレポートします!

女子相撲はとても限られた人数で大会が行われています。今年、団体戦に参加したのは3大学5チーム。先鋒、中堅、大将がそれぞれ戦います。

【今年の団体出場校】
日本大学(A、B)・朝日大学(A、B)・立命館大学

【結果】

優勝:立命館大学

2位:日本大学A

3位:朝日大学A

昨年は人数が足りず出場が叶わなかった立命館が2年ぶり2回目、涙の優勝!

涙のあとには笑顔!すぐに個人戦がスタートします。

次は個人戦!軽量級、中量級、重量級、そして無差別級に分かれています。人数が多い軽量級と無差別級はトーナメント、中量級と重量級は総当たりです。

【優勝】

軽量級:野崎舞夏星(立命館大)

中量級:奥村知咲(朝日大)

重量級:今 日和(立命館大)

無差別級:今 日和(立命館大)

高校時代から注目を集め、「情熱大陸」などでもフィーチャーされた野崎さんは、今回が学生最後のインカレ。そして念願の初優勝! 奥村さんは昨年に続き2連覇! 今さんも昨年に続き2階級制覇で、もはやクイーンの風格です。

団体優勝を飾った立命館大学。応援団含め、チーム一丸となって勝ち取った優勝です。左から先鋒・松本さん、中堅・野崎さん、大将・今さん。

個人戦を制した右から軽量級・野崎さん、中量級・奥村さん、重量級&無差別級・今さん。

大会前、日本相撲連盟に取材の件を問い合わせたところ「女子は人数が少ないんで、あっという間に終わります」と言われました。13時に始まった大会が終わったのは16時。確かに早いかも……。女子部員の人数が集まらず、団体戦(3人制)に出るのもひと苦労だそう。でも、選手が相撲と真摯に向き合う姿に男女差はありませんでした。戦う女性、本当にかっこよかったです!

女子相撲、みなさんもぜひ応援に行ってはいかがですか?

【今後の女子相撲主要大会(平成30年度)】

7月15日 全日本女子相撲郡上大会(郡上市相撲場)

10月14日 全日本女子相撲選手権大会(堺市大浜公園相撲場)

記事をシェアする

コメントは受け付けていません。